fc2ブログ

ソロ・パブリッシュ

ドリーム。

白のコレクションとデムパワーク

2015.5.14(木)

谷中銀座の入口の店先で、首輪をした白猫に出会う。白猫だけど、
そこらへんでさんざんすりすりしているのか、ロシアンブルーと見まごう色合い・・・。
この猫を撮らんと、かがんでカメラを構えた女性が声かけしているのだが、
銀猫はクネクネしたり回転したりして、ちっとも撮らしてくれんのだった。
はは、猫なんてそんなもんよ。

この谷中銀座を途中で右折した先にある、住宅街のなかの住宅と見まごうギャラリーで開催された、
白い服の作品展を拝見した(「ここにはなにもない白のはなし」2015.5.13~17日/kuuさん+AYUKIさんによる)。
ちなみに主催者のひとり、kuuさんはFC2ブログ「いろのわ」の管理人さんです。展示については下記を。
http://ilonowa.blog.fc2.com/blog-entry-503.html

純白からベージュに近い生成り色までの白のヴァリエーションにオーガニックぽい素材、
そこに金や銀のラインで引かれた図形チックな紋様のある服が、いろいろ展示販売されている。
全体的にユルいシルエットが多く、伝導率がよさそう。チャネリが通りやすそう。
だが、アナコンダ柄やスカル柄のマフラー(春用)にドルガバのサングラスで外出するような
エッジィな豹専務に洗脳されてワルい宇宙人になっている私は、
レザーやファーと組み合わせるとエロくなるかもしれん、てなことも考えていた。さーせん。
2、3点、ハンガーにかかっていた穴開きの白いTシャツには既視感あり。
これはアケルナル星人が着ていた服のデザインと似ている。

行き帰りの電車のなかでは、そのつもりはなかったのに、ずっと瞑想状態だった。
もう8年も前のこと、夜、ひとりで電車に乗っていて、
時間の流れから切り離され、別の時間軸を漂泊している感じのしたことがあった。
2012へと向かうふたつのタイムラインが、どちらも確率50%でぴったり重なっていた時期が、
たしかにあった。
その終わりを見届けること、
彷徨い出てはみたものの、乗らずにクローズしたタイムラインの残像を、
ダークエネルギーの大海に解き放って成仏させること、
これがその日(13日)、外出を促されたことの裏目的であった。

前日、時間にすれば数秒というくらいのわずかな間に、ヒト類が一斉アセンドした世界を視る。
terraの惑星意識との再契約、
この惑星に関与するあらゆる生物、微生物、無機物との共生、ハーモニー。
1つの種の意識に、グループ意識のように、限界まで近づいて、惑星と夢を重ね合わせること。
「レムリア」という符号の回帰、再生。
これが、ゼロ年代から2012年末まで大騒ぎだった「アセンション祭り」で着地点とされていたステージだ。
(もしこれが成っていたなら、私はもう任務終了で、地球に物理体として存在してはいなかった。)
しかし、それはどこまで行っても、どんなに美しくても仮装である。
地球星人は、物理体の基礎設計を猿類から借り、ゼータ型のヒューマノドまで時限解凍して進化させたが、
いかに装ってもヒト類にはなれず、
その実態は、河童、天使、宇宙人、名状しがたい意識体などなどの坩堝なのだから(ネイティブ地球星人
も太陽系宇宙人である)。
だから、祭りの舞台裏では、「ネガティブ」のレッテルを貼られがちな存在たちを中心に、
坩堝を坩堝のまま放流するアンドメダモデルが粛々と進行していた。
私たちは、レムリアから測れば退化してしまったかのようなアトランティス(ニューアトランティス)
からはじめて、まるでアンドロメダ銀河にいるような耳障りな音響に晒されながら、
そうとは知らずに第5密度に至る。

瞑想状態にあった間、プレアデス星団とシリウスのハイブリッド存在であるアニータ=クラリッサと
ずっとおしゃべりしていて、彼女がプロテクトの結界を張ってくれてもいた。
電車のなかって、いろんなエネルギーが飛び交ってるからね。ありがとうアニータ。
公共の乗り物や建物などのなかで次元旅行をする人は、この点にも注意して、
プロテクションを怠らないようにしましょう。シャレにならんくらい公共=交響ですから。
スポンサーサイト



  1. 2015/05/14(木) 15:24:08|
  2. 不思議なお店
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
https://solopub.blog.fc2.com/tb.php/521-f14fdfd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
アルクトゥルス系在地球人。
男女どちらにも属さないトランスジェンダーで、イタリアの美少年のような豹専務(♀)が同居人。
リンクはご随意に。連絡も不要です。
いただいたコメントはすべて拝読しておりますが、原則としてレスはつけません。

出版案内1

電子書籍をつくったり読んだりできるサイト「パブー」とアマゾン(キンドル)で『サウンド・オブ・ウインド』という本を出版しています。パブーの紹介ページ(下記URL)では、右上にある「みけ」という著者名を押すと、拙著の一覧を表示するページに飛びます。

https://puboo.jp/book/133117 ブログ用表紙             キンドル版はこちら

出版案内2

電子書籍サイトのパブーで2013年に刊行、17年に改訂した『Starry Souls』を新パブーのエディタで編集し直し、内容も改めました(大筋は旧版と同じです)。22年3月よりアマゾンのキンドルでも販売。

https://puboo.jp/book/76592 ブログ用Starry Souls表紙             キンドル版はこちら

出版案内3

2016年に紙の本として刊行した『トランジット』を、2022年9月にパブーで電子書籍にしました。内容は一部改稿しています。

https://puboo.jp/book/134118 トランジット表紙jpg変換             キンドル版はこちら

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (44)
社説 (29)
ひみつの閉架書庫 (87)
デムパ話 (27)
超デムパ話 (10)
新世界への回帰 (128)
アセンションについて (23)
実現のメタフィジクス (29)
仮想集合システム (31)
コミットメント (14)
次元上昇 (79)
平面世界(4次元) (12)
デムパなメソッド (45)
ナチュラルトランス (14)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (33)
この女(ひと)を見よ (8)
不思議なお店 (8)
RTLF (2)
未分類 (24)
ブログをご覧になる方へ (1)
音楽 (11)

最新コメント

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: