fc2ブログ

ソロ・パブリッシュ

ドリーム。

心(マインド)をシンプルにする

2024年4月16日(火)

温感、触感、ぼやっと煙った色彩、甘み、香り、リキッド感、何度か繰り返される音型、エコー、モフモフ感、などなど、
五つには収まらないさまざまな五感的感覚は、別の場所へとつづいていってはおらず、別の感覚に変化することもない。
それらは、統覚意識、感じ手意識に感じられることによって創造されて完了する。
私が感じている感覚光景(周波数構成体)は、どこともつながっておらず、来し方も行く末もない。
それは一分前のつづきではないし、今夜をへて明日につづいていくわけでもない。
五感的感覚のこの空間的、時間的去来のない完結性を実感的、直観的に納得すると、
何をするにしてもしないしても悩んだり迷ったりしなくなる。
悩みや迷い、また期待や不安も、五感的感覚とは別の現実、別の次元だとはっきりわかるので。
いくつかの選択肢のイメージが浮かび、どこかで見聞きした教訓の断片や寓話の場面がよぎるかもしれない、けど、
「これはかつて起きた事実」と仕分けして「記憶」という名前をつけた情景集であれ、伝聞であれ、
これらは例の、自分がよく使っているお話だとすぐ気づき、
その物語の森に入り込んでいって参照比較して消耗しないので、悩まず迷わない。

私のメタフィジクスでは、五感的感覚は4次元、
思念、想像、感情、気分といった心(マインド)の感覚は5次元、
本来は5次元である心(マインド)の世界で、「五感的感覚の向こうには実体(物質)がある」と想定して、
その実体(物質)があらゆる現象の原因であると定義した世界が3次元。
なぜ実体を想定した世界が3次元なのかというと、ソリッド(固体的)で、実体固有の原理や法則で動き、
実体自身以外のもの、たとえば思念とか想像とかの影響は受けないと想定されているから。
要するにがっしり、しっかりしていて固いことになっているから。
対して、この3次元の想定をはずしたときに顕わになる五感的感覚世界は、液体的で柔らかく、
心(マインド)の世界である5次元や、5次元を超える超心の世界(高次)の感覚が伝播する(引き寄せが働く)。
つまり、3より柔らかいから4次元。
で、4よりさらに変わりやすい心(マインド)は5次元。エア(気体的)な世界。
そして、超心(高次)は瞬速の光の世界。
「次元」とは感触の異なるそれぞれの「現実」のこと、「感じ」をとらえる感性の階梯で、数学や物理とは関係ない。
その「次元」が上昇するとは、感覚(波動)が軽く、速く、変わりやすくなっていくことをいう。

私の宇宙に私が想定し構成した3次元世界つまり一般常識的には、
五感的感覚の向こうに存在していて、広がったり内部に閉じたり経過的に変化していく実体(物質)を「現実」と呼び、
これだけが本物の紛れもない「現実」ということになっているけど、
「五感の向こうに何か実体がある」というのがすでに想定で、
観測機器を使ったとしても、データを読むには感覚が必要で、感覚を介さずに確認することはできないので、
全然「現実」じゃありません。
というかこの想定した実体を「現実」と呼ぶのなら、想像とかイメージなど、仮想実体以外の心の産物も「現実」になる。
想像やイメージが所詮絵空事なら、想定した実体も同じく絵空事です。

光の世界もエアの世界もリキッドないしジェルの世界も感触の軽重や変わりやすさがちがうだけ、
それぞれ「現実」またはそれぞれ「夢」「まぼろし」「絵空事」で、
「現実」とした場合も「夢」「まぼろし」「絵空事」とした場合も多次元です。
それぞれ別の「現実」や「夢」なのだという多次元性が実感的に腑に落ちると、
3次元特有の実体(物質)に働きかけてどうにかしなくちゃ、という対処反応が止み、
全次元が吹き抜けになり、光からエアへ、エアからリキッドへの伝播(引き寄せ)が利くようになります。

とはいえ、五感の向こうには実体(物質)がある、これだけがガチ現実、たいへんだ、という思い込みはけっこう強烈です。
なんといっても実体はあらゆる現象の原因であり、3次元現実の全権を握っているやばいやつ(という想定)なので、
全力で見張ってないといけない。
さらに、いろんな危機一髪体験とか失敗体験を何度も何度もリピートしたという記憶をつくり、
きみもそうでしょ? ユーも? だよね、と、自分の宇宙にいる人間型周波数構成体(他者)と確認し合い、
いろいろ強化工作をしてるから。
この強さを、転生による経験の蓄積とか、ある時期に経験したことの影響がどうのこうの、と表現したりするんだけど、
本質は(感覚、周波数でとらえたときには)単にしつこい、それだけ。
3次元は5次元の一画に仕掛けた特殊なアトラクションコーナーで、もともとはエア質だから、
なんかしつこくなるような工夫をしないと臨場感が出ないんですね。

自分で仕掛けたこのしつこさ、くどさ、粘りに欺かれず、時空で幅がついて膨らんだお話に振り回されないためには、
心のなか(5次元)の3次元小部屋で展開している悩み、迷い、考えごとより感覚強度の強い活動に集中するとよいです。
それが運動とかダンスとか作業とか、3次元語でいうところの身体を使う活動です。
身体活動は感覚のインパクトが強く、どんなにもっともらしくても元来エアである3次元ネタを指向する隙がなくなるので。
3次元世界と距離をとって、3次元のフィクション性を見据えることが目的なら、
なんかクヨクヨのヴァイブレーションを感じたときに5分、3分といった短時間行うだけでもかまいません。
身体を動かす、とくに筋肉骨格系に働きかけること(五感でいうと触覚メイン)は、
手放しや瞑想に入る前の入り口といっていいかな。
クヨクヨ、グルグルに入り込む隙がなくなるから、動くことは心の浄化になるといわれています。ハタヨーガとかもそう。
手放しや瞑想などの心に働きかけるワークは非3次元シフトするうえでの本道ですが、
しかし、それだけだと3次元リアリティのしつこさをなかなか振り切れず、
生活の用事や仕事をしているうちに、たちまちいつもの実体(物質)妄想にフェイドインしてしまいます。
なので、エア(想)より強い感覚に振り向けるわけです。

五感、心、超心と、それぞれ質の異なる「現実」なのだという多次元性がわかってくると、
そもそもリキッドないしジェル次元で五感世界を開いていること、つまり存在していることが十分運動であり、
動く瞑想であることも、なぜか実感理解できてきます。

液体的といったって、気体に比べたら段差がくっきりしているし、重量感がありますからね。
そして、これは何々のワーク、実用的な活動、これは瞑想、という区別は表層的になり、意味が揮発していき、
統覚意識(自分という一人称意識)が感じて創造していることに溶け込んでいきます。
スポンサーサイト



  1. 2024/04/16(火) 15:12:49|
  2. デムパなメソッド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<「現実」の多次元性を確認する | ホーム | 心(マインド)を3次元の枠から解放する>>

コメント

いいですね!
応援してます。
  1. URL |
  2. 2024/04/21(日) 22:50:15 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://solopub.blog.fc2.com/tb.php/1095-770ea922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
アルクトゥルス系在地球人。
男女どちらにも属さないトランスジェンダーで、イタリアの美少年のような豹専務(♀)が同居人。
リンクはご随意に。連絡も不要です。
いただいたコメントはすべて拝読しておりますが、原則としてレスはつけません。

出版案内1

電子書籍をつくったり読んだりできるサイト「パブー」とアマゾン(キンドル)で『サウンド・オブ・ウインド』という本を出版しています。パブーの紹介ページ(下記URL)では、右上にある「みけ」という著者名を押すと、拙著の一覧を表示するページに飛びます。

https://puboo.jp/book/133117 ブログ用表紙             キンドル版はこちら

出版案内2

電子書籍サイトのパブーで2013年に刊行、17年に改訂した『Starry Souls』を新パブーのエディタで編集し直し、内容も改めました(大筋は旧版と同じです)。22年3月よりアマゾンのキンドルでも販売。

https://puboo.jp/book/76592 ブログ用Starry Souls表紙             キンドル版はこちら

出版案内3

2016年に紙の本として刊行した『トランジット』を、2022年9月にパブーで電子書籍にしました。内容は一部改稿しています。

https://puboo.jp/book/134118 トランジット表紙jpg変換             キンドル版はこちら

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (44)
社説 (29)
ひみつの閉架書庫 (87)
デムパ話 (27)
超デムパ話 (10)
新世界への回帰 (128)
アセンションについて (23)
実現のメタフィジクス (29)
仮想集合システム (31)
コミットメント (14)
次元上昇 (79)
平面世界(4次元) (12)
デムパなメソッド (46)
ナチュラルトランス (14)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (33)
この女(ひと)を見よ (8)
不思議なお店 (8)
RTLF (2)
未分類 (24)
ブログをご覧になる方へ (1)
音楽 (11)

最新コメント

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: