fc2ブログ

ソロ・パブリッシュ

ドリーム。

ゼロポイント瞑想(熟練者向け)

2023年11月30日(木)

今秋から透明な光をイメージする瞑想というのをやっていて、臨床試験が終わった感があるのでシェアします。
私の場合、日に一、二回は瞑想することにしているので、そこに新しいやりかたを組み入れて実験してきました。
通称「ゼロポイント瞑想」といいます。
やりかたは下記①~⑧のとおり。記事の最後に簡単な概念図を記しました。

宇宙を整える、てっぺんから地面まで全感覚現象を最適化するのであれば、
ゼロポイントフィールドとつながるか、統合ワークだけでOKです。
ただ私は瞑想が習慣になっているので、
以前からゼロポワークと瞑想を合体させる実験をガイドスピリッツとともにあれこれやっていて、
先日それがまとまったのでシェアすることにしたのでした。
したがってこれは、定期的に瞑想していて、独りで瞑想の全プロセスをコントロールできる人向けです。
それと、自分に合った方法、量の運動を心がけ、ある程度、五感(身体)のめぐりがよくなっていることが前提。
フォーカスポイントをクラウンチャクラよりも上に固定し、
イメージのなかで地球の重力設定もはずしてしまうので、
とくにグラウンディングがきちんとできることが必須条件です。

魔境に入りやすいとか、幽体離脱しやすい方にはお勧めしません。
自分の瞑想方法が確立している方にも、何かヒントになる部分があればさいわいです。アレンジも可。

21世紀になって公開されるメソッドやツールは副作用がないか少ない、
つまり効かなかったとしても「なんも変化なかったさ」ですむものが多く、これもそうだと思うのですが、
私の実感では垂直飛距離がけっこう大きいので、
最初は何段階かに分けてひとつずつ実践するとか、短時間でやめておくとかして、
少しずつ慣らしていくのがいいと思います。

<方法>
①天井くらいの高さに適当な大きさの太陽をイメージする。太陽系の太陽でなくてもよい。
 出身恒星がわかっていればそれでもいいし、セントラルサンでもいい。名称不明でもとにかくイメージできればよい。

②天井と頭頂の間くらいの高さにテニスボール大くらいの宇宙船をイメージする。形や色はどのようなものでもよい。
※好みにより、宇宙船の代わりに神殿、寺社の本殿などをイメージしてもよい。

③床下の①と等距離くらいの深さの位置に、①と同じ太陽をイメージする。

④同じく床下の②と等距離くらいの深さの位置に、②と同じ宇宙船(または神殿など)をイメージする。

⑤天井の太陽から床下の太陽まで身体を突き抜けてまっすぐ光を通し、
 同じく床下の太陽から天井の太陽までまっすぐ光を通す。

⑥頭蓋全体(首から上)→首→肩→肩甲骨→腕→手、手の指が透明になっていくのをイメージする。
 たとえば柔らかい水晶のようなイメージ(この透明性のイメージは各自好きなように)。
 次に体幹の前面→背面→腰→足→足指が透明になっていくのをイメージする。

⑦全身透明のイメージを保ったまま瞑想する。意識は②の宇宙船にフォーカスすること。

⑧瞑想を終えるときにもう一度、上下に光を通して(⑤と同じ)終了する。
※ふだんの瞑想でグラウンディングなどの終了手順がある人は、⑧のあとにそれを行ってください。

<効能>
・実体(物)を想定し、実体(物)の存在感がリアルな世界すなわち3次元から、
実体(物)を想定せず、感覚現象だけの感覚(波動、周波数)世界へのシフトを促す。
それにより高次(超心)→マインド(心)→五感に感覚(波動)が伝播し、全感覚現象が最適化する。整う。
・五感光景から物の実在感が抜ける。
・いくつかの思念が複合化したり、増幅したりして強度が上がる前のマインド周波数がわかるようになり、
顕在意識と潜在意識が統合される(「潜在」する意識領域がなくなる)。
・高次の感覚のリアリティが増す。

<応用>
・不適合感覚(不快な感覚、記憶、イメージ、感情など)を手放すさい、その感覚対象に透明な膜を被せ、
透明な光あるいは透明な空間のなかに溶かして送り出す(不適合感覚はゼロポに還ってリサイクルされる)。
・心身のヒーリング、環境の浄化に使える。
ヒーリング、浄化したい箇所を透明にする。必要に応じて青や緑のレイ(光)、レイキ、氣などを充填する。

最初は太陽と宇宙船は設定せず、⑥の透明化のプロセスだけ、あるいはいきなり全身ではなく首、肩、肩甲骨だけとか、
上方向の太陽と宇宙船だけを設定して瞑想してみるのもありと思います。
私も部分的透明人間化からはじめました。クリスタルスカルになってみたり。
首、肩、肩甲骨を透明化すると、意外なほどの解放感、爽快感があり、
ふだん首、肩、肩甲骨のへんが滞りがちな意識の使いかたをしていることがわかりました。 

透明な光、透明な膜など、透明さというのはゼロポイントフィールド、あるいはそれが動態化したゼロポイントエネルギーの象徴です。
以前、私はゼロポエネルギーを銀色の光としてとらえていましたが、なんかすぐ色が抜けたんですね。
透明なヒカリ!? なんだそれ膜ならともかくヒカリだったら透明じゃないし、と突っ込みたくなりますが、
可視光線じゃない光線(エックス線とか)みたいなものと思えばいいでしょう。
光だの磁場だの、そのへん雰囲気だよね。いわく言いがたいやつをムリくりに言語化してるわけだから、
擬似科学っぽい言い回しになるのはしかたないかな。「エーテル」なんていう19世紀語が残っていたり。
非3次元にも3次元にも、何次元だろうと、ゼロポイントエネルギーはどこにも浸透しており、
またどこでもゼロポイントフィールドなのです。透明であるとはそういうこと。
空即是色、色即是空ですからね。
ただ意識が3次元に没入している間はそういうのはないことになっている、見ないようにしているだけ。
ないことにしておかないと、それ固有の法則をもっている実体(物)という想定が崩れてしまうからです。

今から思えば、私は2014年か15年くらいに、
シリウスのソファイアという宇宙存在から、この瞑想法の原型となる方法を教わっていました。
でもそのときは何がなんだかまったくわかってなかったので、「なんも変化なかったさ」で自然消滅してしまいました。
その後、ゼロポイントフィールドのことがわかって、自分のメタフィジクス(宇宙のしくみ。構造と力学)ができあがって
いったので、このたびリニューアル再伝授となった次第です。

人の数だけメソッドがあるといってもいいくらい、デムパ界隈にはいろんな流派のいろんな技法があって、
十把一からげにしてアストラルソフトオフに出したいくらいかもしれませんが、
自分に合うのでなければブランドや師弟関係その他のしがらみにとらわれずフルスルーしていいと思います。
ここでシェアしたコンテンツも、ざっと斜読して刺さる要素がなければなかったことにしていただいてかまいません。
どんな技法にせよ、その核は、思考を観察するとか、特定のイメージを描くといった心の操作です。
何らかの思考感覚、観念感覚を手放すというのも引き算のイメージワークです。
自分回帰が進んでくると(うしろ向きに進むというか戻るというか)、
心のなかで何をしているか、していないかということが宇宙の構成要素として非常に重要だと実感でわかってくるので、
心のなかのようすをマインドの現実として「現実的に」とらえるようになります。
ただの想像や妄想だから現実には影響しない、関係ないや、ではなく、
精神の世界と物質の世界は別もので、それぞれの法則にしたがうダブルスタンダード、
たとえば家ではスピリチュアルで外ではビジネス、というのでもなくなります。
超心(高次)は心に、心は五感に伝播するということがリアルになってくる。
自分に合う技法を使い込んでいくとその妙味がわかってくると思います。

【ゼロポイント瞑想の概念図】
ゼロポイント瞑想(図)
スポンサーサイト



  1. 2023/11/30(木) 14:10:03|
  2. デムパなメソッド
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
https://solopub.blog.fc2.com/tb.php/1081-95e6d18b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
アルクトゥルス系在地球人。
男女どちらにも属さないトランスジェンダーで、イタリアの美少年のような豹専務(♀)が同居人。
リンクはご随意に。連絡も不要です。
いただいたコメントはすべて拝読しておりますが、原則としてレスはつけません。

出版案内1

電子書籍をつくったり読んだりできるサイト「パブー」とアマゾン(キンドル)で『サウンド・オブ・ウインド』という本を出版しています。パブーの紹介ページ(下記URL)では、右上にある「みけ」という著者名を押すと、拙著の一覧を表示するページに飛びます。

https://puboo.jp/book/133117 ブログ用表紙             キンドル版はこちら

出版案内2

電子書籍サイトのパブーで2013年に刊行、17年に改訂した『Starry Souls』を新パブーのエディタで編集し直し、内容も改めました(大筋は旧版と同じです)。22年3月よりアマゾンのキンドルでも販売。

https://puboo.jp/book/76592 ブログ用Starry Souls表紙             キンドル版はこちら

出版案内3

2016年に紙の本として刊行した『トランジット』を、2022年9月にパブーで電子書籍にしました。内容は一部改稿しています。

https://puboo.jp/book/134118 トランジット表紙jpg変換             キンドル版はこちら

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (44)
社説 (29)
ひみつの閉架書庫 (87)
デムパ話 (27)
超デムパ話 (10)
新世界への回帰 (128)
アセンションについて (23)
実現のメタフィジクス (29)
仮想集合システム (31)
コミットメント (14)
次元上昇 (79)
平面世界(4次元) (12)
デムパなメソッド (45)
ナチュラルトランス (14)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (33)
この女(ひと)を見よ (8)
不思議なお店 (8)
RTLF (2)
未分類 (24)
ブログをご覧になる方へ (1)
音楽 (11)

最新コメント

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: