fc2ブログ

ソロ・パブリッシュ

ドリーム。

流れ

2023.5.20(土)

5月上旬の連休中の夕方だったか、近所にあるジュースの自販機の前にタバコの吸殻が十数本くらい落ちていて、
一瞬放置しようと思ったが、なんとなく、もし翌朝までそこにあったら痛ましいなという気がして、
何が痛ましいのか知らんけど、家からレジ袋(小)を出してきて回収した。全部メンソールのタバコだった。
そしたら、吸殻と吸殻の間に一円玉を発見したの♪ 昭和時代の一円玉。
よく聞く金運の俗説に、一円玉を見つけたらぜったい拾えってのがあるじゃない? 聞かないか?
森田健さんの『不思議の友』にも、むかし、そんなことが書いてあったような。
で、同じ日の夜、別の場所で40円拾ったんだよね。
お♪って思ったけど、この×40でさっきの一円玉の金運を使い果たしたかもって、ちょっとテンション下がった。

それから、さまざまな、ほんとにめくるめくようにさまざまなことがあって、
人の失敗を指摘するメールを書いて送信したり、お説教をしたりした。
そうしないでおくこともできたけど、今回は、ウヤムヤにしないほうが流れがよくなるって確信したからそうしたの。
怒りとか正義感とかないし。
かかわっている数人の人たちが抜け道だと思っている方向がそのじつ迷い道で、
本当の抜け道は、ちょっとイガイガのある正規のルート、それもたいしたイガイガじゃないと見えていただけ。
時間はかかるけど。時間なんかかかったっていいじゃん。なんなら休んだっていいじゃん。
失敗がわるいのではない。
自分の生活の課題をクリアするのに一杯一杯で心が疲れているので無関心になっていて、
失敗すらできない人が多数派なのだから。
でも、ここでまちがえたんだ、そのときはわからなかったけどそういうことだったのか、とわかったら、
それを認めないと、適切な道って開けてこないのだ。
まちがいを認めると、どこをどのようにまちがえたのかという構造や、まちがいに至る経緯がわかり
(デムパ的にいえば不整合な波動の構造や運動力学がわかる)、
スムーズで心地よい軌道に戻す道も見えてくる、と、さまざまな収穫があり、
失敗しといてよかった、失敗は失敗じゃなかった、となるのだ。
まちがいとわかってそれを認めないと、このギフトを受け取り拒否することになって、もったいないのだ。

そんなさまざまなことどものなか、これ以外のさまざまな流れも交錯して、
「ラジニーシ」というワードが急浮上。
ラジニーシとか、クリシュナムルティとか、グルジェフとか、シュタイナーとか、
懐かしいって人もいれば、誰それ?って人もいらっしゃるでしょう。19~20世紀の精神世界の巨星たちです。
で、ユーチューブ動画に山川亜希子さんが上げておられた「バグワン・ラジニーシ」を見て、
動画中で紹介されていた『JOY』(山川紘矢+山川亜希子・訳/角川書店)という本を図書館で借りて読んだ。
著者名はラジニーシじゃなくOSHO(和尚)になっているんだけど、
それはラジニーシが晩年に禅に接近したからであるらしい。
このへんの改名事情を知って、関係ないけど、2016年に亡くなったプリンスが、
一時プリンスという名を止めて♂♀が組み合わさった記号になっていたことを思い出す。
すごくおもしろい本です。
たとえば、少年期に起きて、大学入学のために町を離れるまでつづいた、一本の木との交流の話とか、
深いうえに切なく、琴線に響いた。
この人は、悟りマスターたちの体験や教説に対する地球人の誤解を解こうとしていて、
私とはアプローチがちがうところもあるけど、遠くでクロスしているのが見える。

その『JOY』を読んでいる最中に、
自分が優しくなく、一般常識にしたがえば思いやりにも欠けるメールを送ったその人に会う機会があった。
体調がよくないのは、もしかするとコロナワクチン後遺症かもしれないと疑っておいでですか?
だとしたら、一般の病院や診療所では対応してもらえないかもですよ。
有志医師の会のサイトから診療してくれる病院を探すとか、紹介してもらうとか、
医師自身が後遺症情報を発信している病院に行くとかしないとむずかしいと思います。
それか、医療にまかせるのでなく、本やネットで調べて、自分で解毒していくか。
ワクチンの是非や後遺症のあるなしはセンシティブなテーマで、
お医者さんでも、ちょっとでもワクチンに否定的なことを言うとびっくりするくらい怒る人がいるので、
医療を使うなら病院に行く前に下調べしたほうがよいと思います。
――と、まさにセンシティブで言いにくいことを、ためらわずぺらぺらとしゃべっている自分に驚いた。
その人は、*回目の接種のあとに体調を崩し、病院でいろいろ検査してもらっても異常はみられないので、
おかしいと思って(ワクチン後遺症について)調べている、
今日もこれから**科の検査に行くが、ことによると自分で体調管理していくしかないのかもしれない、
と言っていた。
反ワクチンとか陰謀論に傾倒していない、というかむしろ公式情報を信用してきた人であっても、
体調不良が自分ごととなったり、身近な人のこととなって、その当事者性から、
公式でない情報に注意を向けるようになった人は、自分が想像しているほど少数ではないのかもしれない、と、
この人の話を聞いていて思った。
ただ、体調は自分で「管理」するもので、それは人に迷惑をかけないためである、というニュアンスが、
もろ昭和、平成のビジネスマインドって感じだった。
政府は、真面目な人たちのこの心理を突いて、集団免疫話法で同調圧力を引き出し、
接種人数拡大をはかったのだと思う。
福島雅典先生(京大名誉教授)は「ワクチンはもはや信心のようになっていて、(有害性を)わかりたくない人には
何を言ってもむだ」(ニコニコ動画での発言)とおっしゃっていたけど、
私が話した人は、まだ信心級にはなっていないということか。
ともかく、こんな話題をぺろんと振ったイルカのような率直ぶりが自分でも吃驚。イルカに憑かれていたかもそうかも。

1円が40円に化けて終わったこと、自分のなかで鬼降臨、鬼メール、ラジニーシ、そしてイルカ憑依疑惑、
と、なんだそれってくらいもはや話はばらんばらんなのであるが、
私の宇宙ではつながっており、きれいに一本の流れができているのだから不思議。
スポンサーサイト



  1. 2023/05/20(土) 13:25:38|
  2. 三毛猫亭日乗
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「現在」を時間ではなく場所ととらえる | ホーム | 弱い感覚に気づく>>

コメント

ラジニーシ、という名前初めて聞きました。
調べてみたのですが、wikiのラジニーシの考えとして「真理の探究こそ第一の優先事項である、人間は全実存をかけて、まず第一に自らの生の源泉を探究することにその関心を寄せねばならない」
と書いてあり、「そうそう、これこれ!」とビビっと自分のスピアンテナが反応しました笑。
JOYという本も読んでみたいと思います。
  1. URL |
  2. 2023/05/21(日) 16:09:42 |
  3. あやつ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2023/05/23(火) 20:43:09 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://solopub.blog.fc2.com/tb.php/1058-c5392356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
アルクトゥルス系在地球人。
男女どちらにも属さないトランスジェンダーで、イタリアの美少年のような豹専務(♀)が同居人。
リンクはご随意に。連絡も不要です。
いただいたコメントはすべて拝読しておりますが、原則としてレスはつけません。

出版案内1

電子書籍をつくったり読んだりできるサイト「パブー」とアマゾン(キンドル)で『サウンド・オブ・ウインド』という本を出版しています。パブーの紹介ページ(下記URL)では、右上にある「みけ」という著者名を押すと、拙著の一覧を表示するページに飛びます。

https://puboo.jp/book/133117 ブログ用表紙             キンドル版はこちら

出版案内2

電子書籍サイトのパブーで2013年に刊行、17年に改訂した『Starry Souls』を新パブーのエディタで編集し直し、内容も改めました(大筋は旧版と同じです)。22年3月よりアマゾンのキンドルでも販売。

https://puboo.jp/book/76592 ブログ用Starry Souls表紙             キンドル版はこちら

出版案内3

2016年に紙の本として刊行した『トランジット』を、2022年9月にパブーで電子書籍にしました。内容は一部改稿しています。

https://puboo.jp/book/134118 トランジット表紙jpg変換             キンドル版はこちら

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (42)
社説 (29)
ひみつの閉架書庫 (87)
デムパ話 (27)
超デムパ話 (9)
新世界への回帰 (128)
アセンションについて (23)
実現のメタフィジクス (29)
仮想集合システム (31)
コミットメント (14)
次元上昇 (79)
平面世界(4次元) (12)
デムパなメソッド (43)
ナチュラルトランス (14)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (33)
この女(ひと)を見よ (8)
不思議なお店 (8)
RTLF (2)
未分類 (24)
ブログをご覧になる方へ (1)
音楽 (11)

最新コメント

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: