fc2ブログ

ソロ・パブリッシュ

ドリーム。

ご質問への回答

2023.2.1(水)

本日2本目の記事です。
ある方からご質問をいただきました。
ご自身で解決できそうだったり、ネットや本など巷間にいくらでもヒントになる情報がありそうだったり、
回答するとそれに対する質問がきて往復問答になりそうな予感がしたり、
究極にはなんとなく答えないほうがいいような気がする、などの理由から、
私は原則としてご質問には答えないようにしておりますが、
同じ方からなのか別の方か、とにかく以前に同じ型のご質問を複数いただいているので、
今回は例外的に回答させていただきます。

直感や予感、思い、想像、五感といった全感覚現象が自分の想定によって起きるのなら、
親しい人や伴侶動物などの病状や死も想定によって変えられるのか、という主旨のご質問です。

全感覚現象が想定によって起きることにリアリティがあり、それを実感的に確信し、
リモコンでテレビのチャンネルを替えるように感覚像すなわち高次、マインド、五感それぞれの現実を替えられるならば、
それくらい各層の現実感が柔らかければ、
そのようなこともできます。
しかし、リモコンのボタンを押すくらいのたやすさで感覚像を変えられるときには、
親しい人や伴侶動物などの行く末をコントロールしたいという発想はしないでしょう。
快復するにせよしないにせよ、
親しい人や伴侶動物などの形をとった感覚の束が、最適の移行先に落ちつくのを助けようという発想になるでしょう。
想定が自在なとき、何をすればいいか、しないほうがいいか、自ずとわかります。
親しい人や伴侶動物とは誰なのか、
感じ手意識の自分が感じているそれら感覚の束、周波数の束と交流するとはどういうことなのか、
さらには「病気」とか「死」と呼ばれている状態は、むきだしの感覚に還元すればどういう感覚なのか、
あるいは不可知なのか、
よく掘り下げてみることをお勧めいたします。
自分が望んでいる形の決着(たとえば快復)を願う動機は自分の感情の安定です。
自分の感情の安定がくだらないのではなく、未覚醒から起きるその利己性に気づいていることが大事です。
未覚醒状態の、身体という概念に同一化された、環境操作に汲々とする自分が抱く利己的な願いだと気づいていれば、
藁にすがったり、自暴自棄になったりすることはないでしょうから。

もっとも、ご質問の文面を拝読する限り、
他者の行く末も自分の行く末も、究極には物質の法則やそれをベースとする一般常識が決定する、
常識的な方法ではかなわないからこそ何らかのスピリチュアル的な方法に賭けたい、
という雰囲気が感じられ、
全感覚現象が自分の想定によって起きるとは得心されていないように思われました。
つまり、どんな現象も物質の法則をはじめとする一般常識にしたがうと想定しておられるようです。
とすれば、何ごとであれ、物質の法則など一般常識に沿うように実現するでしょう。
こんなことが起きるとすれば奇蹟だ、と思えるときは、そのことは奇蹟の確率でしか起きません。
スポンサーサイト



  1. 2023/02/01(水) 14:53:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<それぞれの幸福について | ホーム | カットイン>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2023/02/07(火) 08:59:39 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://solopub.blog.fc2.com/tb.php/1045-44ded59c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
アルクトゥルス系在地球人。
男女どちらにも属さないトランスジェンダーで、イタリアの美少年のような豹専務(♀)が同居人。
リンクはご随意に。連絡も不要です。
いただいたコメントはすべて拝読しておりますが、原則としてレスはつけません。

出版案内1

電子書籍をつくったり読んだりできるサイト「パブー」とアマゾン(キンドル)で『サウンド・オブ・ウインド』という本を出版しています。パブーの紹介ページ(下記URL)では、右上にある「みけ」という著者名を押すと、拙著の一覧を表示するページに飛びます。

https://puboo.jp/book/133117 ブログ用表紙             キンドル版はこちら

出版案内2

電子書籍サイトのパブーで2013年に刊行、17年に改訂した『Starry Souls』を新パブーのエディタで編集し直し、内容も改めました(大筋は旧版と同じです)。22年3月よりアマゾンのキンドルでも販売。

https://puboo.jp/book/76592 ブログ用Starry Souls表紙             キンドル版はこちら

出版案内3

2016年に紙の本として刊行した『トランジット』を、2022年9月にパブーで電子書籍にしました。内容は一部改稿しています。

https://puboo.jp/book/134118 トランジット表紙jpg変換             キンドル版はこちら

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (44)
社説 (29)
ひみつの閉架書庫 (87)
デムパ話 (27)
超デムパ話 (10)
新世界への回帰 (128)
アセンションについて (23)
実現のメタフィジクス (29)
仮想集合システム (31)
コミットメント (14)
次元上昇 (79)
平面世界(4次元) (12)
デムパなメソッド (45)
ナチュラルトランス (14)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (33)
この女(ひと)を見よ (8)
不思議なお店 (8)
RTLF (2)
未分類 (24)
ブログをご覧になる方へ (1)
音楽 (11)

最新コメント

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: